この世の全てのモノは借り物だ

ニート的ミニマリスト幸福論

恋愛工学は男女を救う

あいかわらずナンパ師のブログを見ている。

ナンパ師は恋愛工学(異性と仲良くなれる方法を体系化したもの?)を教えていることがある。

ブログでもいくつか部分的に読めるので、読んでみると、これがかなり良い。

恋愛工学についてネットサーフィンすると、女性側の立場で批判的な意見を目にする。

恋愛工学は、女性に好かれる技術を体系化して整理したものだから、どうしても女性を一括の対象として扱うことしかできないために、自分がモノとして扱われていることにご立腹なのだ。

男女反対の例としては、数年前にニュースになった男の子牧場というインターネットマッチングサービスが相当するかなと思う。

男の子牧場は、女性向けサービスで、男の個人情報を動物になぞらえて勝手に共有するサービスだったと思う。当時は人間を家畜に例えるのかとか、個人情報が何とかとか批判が上がった。

どうやったらこんな企画がリリースまで通るのか、どうして誰かが止めることはできなかったのか。と今思えば異常なサービスだなと思う。

中の人は、男の子牧場に放牧される男のことなんて人間と思っていなかったのだろう。

僕は中の人の人間性を否定したいわけじゃない。

そのくらい人間は、簡単に自分とは関係ない人を非人道的に扱うことができるということだ。

だから女性が恋愛工学を見て恐怖と怒りを抱くのも当然だ。

でも、僕は恋愛工学を肯定する。

なぜかというと、女性は一部の男の不器用さ、勘違い加減、単純さ、弱さ、暴力性をかなり甘く見ているからだ。

男女の性愛について、男にも色々なタイプがいるけど、生来の才能か経験を積むことで女性と良好な関係を作れる男は、全男の8割くらいだと思う。

割合としては結構多い。多くは自分なりに経験を積んで何とかしようとする。それで恋人を何人か作ったり結婚したりする。 

本当に自分でやり方を見つけられなくて絶望的な男は少ない。でも一割〜二割はいると思う。割合としては少ないけど、絶対数としてはかなり多い。

彼らは結構強いコンプレックスを抱えていて、痛々しいほどナイーブだったりする。

いわゆる非モテの恋愛弱者だ。モテない彼らが自分の思いを遂げられず強く傷ついて自暴自棄になると、最悪の場合、女性に危害を加えることがある。

これは日本の男に限ったことではなく、海外でも同じだ。

特にインドやバングラデシュなどでは、アシッドアタックといって、告白して振られたり、セックスに誘って断られたというだけの理由で女性の顔に硫酸をかけたりする。

貧しい国では硫酸は安価らしい。

被害者の姿はとても痛々しい。

死ぬことは少ないらしいが、皮膚が化学的に溶けてしまうので、以前の顔には戻らない。

それが酸をかけた男の狙いだ。つまり女に生き地獄を味わわせようとしている。

彼らの行為からは、自分のものにならないならば誰のものにもなれない身体にしてやるというエゴイズム、弱さの裏返しによる残虐性を感じ取ることができる。

非人道的で許されない行為だ。

しかし、それが男の持つ一面なのである。

男とは、不器用で、思いが遂げられない事実を受け入れることができないナイーブさ、を持っている。

しかし、一方で重要なのは、男は不器用でながらも、女性に認められて、受け入れられることで、少しづつ、でも確実に成長できる生き物だという点だ。

どうしようもなくモテない男も訓練次第で驚くほど女性に優しく楽しませることができる男になったりする。

でも、モテない男は最初は本当に冗談のように女性のことを考えなかったりする。

自分がされたらどれだけ嫌な思いをするか、そういうことを考えられない。

考えないではなく、考えられないのだ。

あまりにそういう方面の才能がなさ過ぎる。

だから、もはや彼らを責めれば良いという次元ではなくて、何らかの支援をしたほうが皆が幸せになれるレベルなのだ。

仕事だってなんだって、すぐにコツを掴める人ばかりじゃない。男女関係だって同じだ。

不得手な人を得意な人が補ったほうが豊かな世の中になる。

モテない男が最低限の正しい知識を学べば、モテまくるようにならないまでも、必要以上に悲観的にならなくなったりとか男女関係に前向きになれる。

そうすれば、女性と二人で良い関係を作れる土俵にやっと上がれる。

女性の皆様におかれましては、どうかその土俵に上がるツールを否定しないで頂きたい。

魅力的な男が増えることは女性にとっても望ましいことだろう。

恋愛工学がカラダ目当ての男を量産しているように見えるかもしれないが、真相はそう単純じゃない。

長い目で見れば、恋愛工学は男と女の両方を幸せにするものだと思う。