この世の全てのモノは借り物だ

ニート的ミニマリスト幸福論

テレビの視聴率低下は国民にとっては朗報

フジテレビの中村仁美アナウンサーが人事異動を理由に退職するかもしれないというニュースを見た。


最終的に退職するかどうかは分からないけど、ニュースになってるんだから人事異動の内示が出たのは間違いないのだろう。


ここにも日本のマスコミの迷走ぶりが見れる。


異動先は営業なのだそうだけど、そりゃ辞めるだろうと思う。


アナウンサーは専門職であり、専門性を発揮することとそれを高めることが仕事であるのだから、いきなり営業という別の専門職に異動ということは、今までのアナウンサーとしても仕事を否定されたということだ。


つまり会社の都合で新卒に戻ったつもりで頑張れといわれているようなものだ。


そんな会社の都合なんて知らんわと、今まで培った専門性を武器にフリーでやっていくというのは正しい考えだと思う。


もちろん会社も彼女がそう考えることを想定済みだろうから、事実上の解雇なのだろう。


つまり会社は若手でなく母親である彼女よりも、ピチピチの若いアナウンサーのほうが安いし使いやすいしこっちを残そうと考えたということだ。


たとえアナウンスという能力が低くても。


会社はこんな卑怯な形で解雇をするなら、彼女を真っ当に会社都合で解雇しろと思う。


まったく馬鹿げた対応だし、この時代にまだそんなことしてるのかという感じだ。


フジテレビは社長が変わったらしいけど、そういう昭和体質は何も変わっていない。


アナウンサーは別にピチピチの若い美人でなくてもいい。


視聴者はそんなこと望んでいない。


テレビ局は視聴率を取れなくてスポンサーが集まらず収益が悪化すると心配しているのだろう。


でもむしろ本格派のアナウンサーだけで番組を構成したほうが視聴率を取れるのではないだろうか。


テレビ局の人間は、そんな硬派なことしてもバカな国民には受け入れられないと思うのだろう。


つまり国民はテレビ局にバカにされているのだ。


テレビ局は視聴率至上主義だというが、僕はそれで良いと思う。


だったら視聴率が良くないことを番組の質以外に求めてはいけない。


なぜかというと、本当に良い番組は視聴率を取っているからだ。


視聴率とアナウンサーの年齢に相関関係があるとは思えない。


視聴率は番組作りで決まるのではないのか?


だから視聴率が良くないということは、番組の出来が良くなかったということを表している。


若者のテレビ離れとか言って責任転嫁しているしょうもない番組とテレビ局はどんどん視聴率が下がって倒産の危機を迎えるべきだ。


テレビの視聴率の低迷がたびたびニュースになるけど、それはテレビ業界人にとって悪いニュースなだけであって、一般の国民が嘆くことではない。

 

むしろメディアの多様化が進んでいることを表しているのだから健全なことであり一般の国民にとっては良いことだ。

最高裁は労働基準法を守った

病院と勤務医との間で、残業代未払いの有無を争う裁判があったらしい。

 

年俸は1700万円で、医師側は時間外労働分の賃金が含まれていないから残業代が未払いだと主張していて、病院側は残業代を含むと主張していたそうだ。

 

で、1審2審は病院側を支持した。

 

医師という職業は、労働と研究を時間の隔てなくやっていて時間の裁量ができるため、通常の勤務時間と残業の区別ができないから、というのがその理由だった。

 

区別できない以上はあらかじめお金を上乗せして払っておけば問題ないというものだ。

 

これを最高裁は、労働基準法の原則に立ち返り、通常の勤務時間と残業を区別しなさいという判決を出した。

 

残業代を計算させるために2審に差し戻したらしい。

 

素晴らしい判決だと思うし、1、2審の判決と真逆の結果となったことに恐ろしさも感じる。

 

この医師の残業代未払いを認める1、2審の判決が何故ダメなのか。

 

まず、実際には医師に勤務時間の裁量権はないからだ。

 

 これは他の職種の管理職も同じだけど、実際に勤務時間の裁量がないのに残業を認めないのはおかしい。

 

そもそも病院スタッフは皆シフト制だろう。

 

それなのに医師に勤務時間の裁量権なんて無いに決まってる。

 

あらかじめ決められた時間に通常の勤務をして、論文は平日夜とか休日に自宅で書いているはずだ。

 

これは他の研究職の人にも当てはまると思う。

 

決められた勤務時間以外に病院で通常の仕事をさせたなら残業代を払うべきだ。

 

2つ目の理由としては、時間外労働を認めないとなると、経営者は労働者を定額でいくらでも働かせることができるからだ。

 

いくら高額の年俸だといっても、1700万円だ。

 

これが1億2億とかなら数年我慢してリタイアしようという作戦もありだけど、1700万ではリタイアするほどの貯蓄にはならないだろう。

 

定額使い放題は許してはならない。

 

その先には必ず過労死が待っているからだ。

 

3つ目の理由として、現在似たような研究職っぽい仕事全てに医師の残業代未払い制度が準用されていると思われるからだ。

 

よく、残業代が出ない言い訳として「お医者さんもそうだから」というのが出てくる。

 

実際には研究職とは程遠い私の面接時でも言われたくらいだ。

 

友人は財務部だが似たようなことを言われたらしい。

 

医者と一緒にすんなやボケっ!と思ったが受け入れざるを得なかった。

 

だから今回の最高裁の判決は素晴らしい。

 

医師の労働環境だけに留まらず、他の全ての労働環境に良い影響があると思う。

電通の直属上司が不起訴になった

新入社員を過労死させた電通の上司が不起訴処分になったらしい。


ここが日本の労働環境を変えるチャンスなのに検察官はなんという決断をしたものだと怒りを覚える。


電通への捜査が安部政権の国策捜査だとしたら、ここらへんが安部政権の限界ということだろうか。


当然のことだが企業を起訴して有罪にしても労働環境改善において何の意味もない。

 

会社員なら誰でも分かる。

 

新入社員を殺したのは仕事を振っていた直属の上司に決まっているだろう。

 

なのだから、この人物個人に罰則を与えて償わせなければ、今後の犯罪抑止には効果がない。


建築設計の世界では違法なことをやった場合に、会社と建築士個人両方にに罰則が下されるように法改正がなされた。


これにより建築士の名義貸しを要求された場合にそれを拒否することができるようになった。


自分の知らないところで悪質な設計がされていた場合に責任が自分にくるので嫌ですと言える環境ができたのだ。


これは良い法改正だったと思う。


同じように労働基準法も個人の責任をきちんと追及しないと、パワハラする上司は後を絶たないだろう。


ご遺族が建築審査会に審査を申し立てて検察官の判断が覆ることを願うのみだ。


きっとこの案件は日本中の労働者と経営者が注目している。

売り言葉を買うのは弱っている証拠

都議選が終わった。

都民ファースト大勝、自民大敗という結果だった。

私は都民なのでとりあえず投票したのだけど、雰囲気的には予想通りの結果だった。

僕は、安部総理が労働問題に切り込みつつあるのでその点は支持していたのだけど、おそらくは国民へのリップサービス的な要素も大きいだろうなと思っていた。

たしかに電通書類送検など、評価できるのだけど、本丸は私の勤務先で横行しているような中小零細企業サービス残業だ。


しっかり法律で規制して犯した場合は罰則を科す国はたくさんある。

 

しかも日本より生産性が高いという。

 

日本はどんだけアホなのか。

 

ドイツなどでは上司が個人的に数百万円の罰金になることもあるらしい。

 

早く日本でも導入してほしい。


そのサービス残業問題に切り込まない段階では、本当の評価はできない。

それから、この労働問題への取り組みも内閣支持率が高いときに行われたもので、支持率が下がってからどうなるかは分からない。

支持率がある程度下がった段階で行われた今回の選挙は大きい意味を持っていた。

本気で国民の労働問題を何とかしようと思っているなら支持率が下がったところで、大きな方向転換は無いだろうと予想できる。

だから安部総理には支持率が下がっても冷静でいてほしかった。

労働問題への取り組みで大きな方向に間違いはないのだから、自信を持って政策をアピールしてほしかった。

だから秋葉原の演説での失態は、若干心配になった。

「こんな人たち~」と言った安部総理は、かなり精神的に追い詰められていて余裕が無くなっているのだと思う。

「やめろコール」なんかされても別に実質的に何かを毀損されることはないのだから、堂々としているべきだった。

若い頃に大きい暴走族の総長だった俳優の宇梶剛士さんが
「弱いやつがすぐに喧嘩する、キャンキャンほえる、まるで怯える子犬のように。本当に強いやつは喧嘩しない。」
といつだか言っていた。

売り言葉を買うのは弱っている証拠なのだ。

労働問題の行方が気になる。

筋トレを始めたら疲れにくくなった

2ヶ月ほど前から筋トレを始めた。


きっかけは保育園の園長先生だった。


保育園の園長は忙しい。


管理職だから担任はないけど、人手不足だからヘルプでいろんな作業をする。


保母さんの作業は主に肉体労働だ。


また、100人からの園児の命を預かっているから精神的にも相当なプレッシャーだろう。


それをこなす体力は生まれつきのものかなと思っていたのだけど、懇談会で趣味は筋トレだと教えてくれた。


自宅に器具をおいて結構本格的にトレーニングしているらしい。


その話を聞いてもしかしたら園長先生の凄い体力は筋トレの成果かもしれないと思い、僕もやってみようと思ったのだった。


で、2ヶ月やってみると、劇的に見た目は変わらないのだけど、体力面で大きな変化があった。


簡単に言うと非常に疲れにくくなった。


日常生活の中で「だるいなー」みたいになることがあまり無くなったと思う。


もちろん多少プラシーボ効果もあると思う。


でも、満員電車で立って帰宅してもあまり疲れていない時は驚いた。


以前は疲れるから座って帰りたくてワザと遠回りして帰っていたのに。


これは結構肉体的に楽だし、だるい状態に耐えなくていいので精神的にも楽できている。


食事にも気を使うようになった。


以前はご飯と揚げ物とかを詰めた弁当を会社に持参してたのだけど、パスタか白飯にブロッコリーとニンジンとパプリカを茹でたもの、それに鳥胸肉を弁当にしている。


たんぱく質と炭水化物と野菜をバランス良く食べるようになった。


睡眠も7時間は取るようになった。


朝と夜、トレーニング後にはプロテインをオレンジジュースで割って飲んでいる。


良い循環ができつつあるし、これからも継続できそうな気がする。


「だるい」といえば僕の大好きなphaさんなのだけど、phaさんももしかしたら筋トレすると少しだるくなくなって楽になるかもしれない。

おっさんは徐々に何もできなくなる現象

人はなぜ偉くなると簡単なことができなくなるのだろうか。


僕の勤務先で偉くなった40代の人は、自分で会社の電話の電話帳を調べることも出来ない。


その人が20代の時にはもう電話帳機能があっただろうから若い頃はできたはずだ。


今でもちょっと触れば分かるはずだ。


こんなことは新卒の人間が覚えようとしていることなのに。


偉くなった40代の人は自分で調べられないものだから事務の人に調べさせてメモに書かせていた。


事務の人は「そのくらい自分でやれや」と言いたかっただろう。


さらに上の年配の人はもっとひどい。


まともに外線をとることもできない。


一番上は80代の会長だが、ここまでくると、まともに出勤できないし耳も遠いし気は遣わないしで社会的には何もできない。


要するに子供と変わらない。


僕はそんなに頑張って働いていないからいいけど、激務をこなしてる人は怒るべきだと思う。


激務をこなしてる人よりも会長のほうがはるかに報酬と待遇がいいからだ。


これらの根本原因は「甘え」だと思う。


甘えというのは共依存なので、甘えるほうも悪いが甘えさせるほうも悪い。


アルコール依存症を悪化させるのは、一番身近な家族であることは有名な話だ。


本人は苦しいが、甘えさせないことも重要なのだ。


だから僕などは社員旅行先の朝食時で当然のようにコーヒーを入れてきてくれと言われた場合も「自分でやれ」と言う。


当然のようにPCの設定をしろと言われる場合も「自分でやれ」と言う。


もちろんいつもお世話になっている人から頼まれたり、明らかに本人が出来ないことは僕がやる。


でもやろうと思えば本人が出来るのに、当然のように他人にやってもらえると思っている場合は拒否しなければならない。


そして一番重要なのは、自分が目下の人間にそういう馬鹿げた依頼を決してしないことだ。


それを良識というのだと思う。


良識があるおっさんは稀にいて、そういう人に接すると自分もこんなおっさんになりたいなと思う。


若者にそう思わせる魅力的なおっさんを人は大人というのだろう。


残念なのは大人はあまりいないことだ。

この世の全てのモノは借り物だ

なぜモノを最小限にして暮したいのか。


ミニマリストの生き方に違和感を持つ人も多いと思う。


僕も元々はモノをいっぱい持っていたし、今も最小限とは言いがたい量のモノが家にある。


もちろんスッキリした空間で生活したいということもあるけど、僕の場合、一番大きいのは「モノは墓場に持っていけない」からだろうか。


仮に僕がお金をいっぱい持っていて、モノをたくさん買えたとしても、僕はいつか必ず死ぬんだから、死んだらほとんど全て不要になる。


そう考えると、いつしか「この世の全てのモノは借り物だ」「所有なんてものはない」と考えるようになった。


だからこそ、買いたいモノを存分に買って楽しむという人がいてもいいと思う。


でも僕はそこでどうしても寂しさを感じてしまい、死を受け入れるためにモノを捨てたくなる。


そう、僕は自分が死ぬのが怖くて少しでもそれを受け入れるためにミニマリスト的な生き方をしていると思う。


もっというと、より身近に死ぬことを感じるため、死を身近に感じて生きるためだ。


そうやって毎日生きていると、自分がたった1回の人生でやりたいことに注力して生きられる気がする。


いつ死んでも少しは納得して死んでいける気がする。


もちろんこの考えが正解だという気は無いけど、とりあえずは今のままかけがえの無い時間を大事にしていきたい。