この世の全てのモノは借り物だ

ニート的ミニマリスト幸福論

友達はいらない

友達という存在について考えると色々なことに思いがめぐる。


昔読んだ本の中に「自分の誕生パーティに何百人も人が来てくれる」という人気者の人が出てきた。


その人は毎晩、他の人の誕生パーティに出ているらしい。


その人が人気者なのか孤独な人なのかは分からない。


本人が満足ならそれでいいじゃないかという気もするし、人気者に見える人が孤独を感じていたり、孤独に見える人が満ち足りた人生を歩んでいることもあるだろう。


漫画家の蛭子能収は著書の中で「遊びの誘いを断れない人が友達ではなくて、遊びの誘いを断れるのが友達なんだ」ということを言っていた。


僕もその通りだと思う。


何事も強制しない、自分の都合を優先しても良好な関係を保てる関係が友達なのだろうか。


女優の淡路恵子さんは凄いドラクエ好きで有名だった。


何かのインタビューで読んだのだけど、最近のドラクエがオンラインで繋がるのがお気に召さなかったようだ。


「ゲームは他人と繋がらず一人で楽しむのがいいんだ」というようなことを言っていた。


淡路恵子さんは放蕩息子がいたり家族関係に恵まれなかったようだから、ゲームをしている時は何にも縛られない穏やかな時間を過ごしていたのだろう。


一人の時間を大事にしたい人がいるのだったら、その時間を尊重したほうがいい。


Phaさんは、自分の家に友達が来る予定になっていた場合にドタキャンされても怒らない。


「予定していても来たくなくなったら来なくていいし、来たかったらくればいい」というようなことを言っていた。


僕も完全に同意する。


僕も遊びとか小さな約束なら破られても全然気にならない。


でも小さな約束でも守られないと不快な人がいるから、自分が行くときは極力守るようにしている。


だから僕はあまり約束をしない。


筋トレで有名なテストステロンさんはツイッター
「あなたを大事に扱わない人を友達と思う必要な全く無いしそんな人間に自分の貴重な人生の時間を使うことはやめよう」というようなことを言っていた。


その通りだと思う。


人生の中でこんなふうにお互いの大事な時間を大切にできる友達はそう多く出来ないだろうし、むしろ一人もできないのかもしれない。


一人もできないなら友達は無くてもいいのだと思う。


むしろ友達は多ければ多いほど良いというのは幻想なのだから、そんな洗脳に縛られる必要はない。


黒田官兵衛の「天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり。」という言葉を思い出す。

結婚をオススメしない理由

「持ち物を増やすと身動きが取れなくなる」


これはスナフキンがズボンを試着して結局買わなかったときに言った言葉らしい。


ズボンに限らず自分の自由を縛って身動きを取れなくする存在はたくさんある。


物に限らず、人間関係も同じだ。


奥さんがいて子供がいれば楽しくて愛おしいけれど、残念ながらメリットばかりじゃない。


自由を脅かす存在であることは明らかだ。


ものごとにはメリットとデメリットがある。


奥さんがいれば、夫婦関係を良好に保たないといけないし、子供がいればお世話しないといけない。


だから僕は結婚して子供もいるけど、同じことを他人には全くオススメしない。


家族は基本的に面倒くさいものだ。


これは歴然とした事実だと思う。


日本では未だに結婚して一人前もような雰囲気があるけど、人としての成熟度と結婚は何の関係もない。


周りを見渡しても、結婚しているしょーもない人間であふれている。


どうしても誰かと一緒にいないと嫌だとか、どうしても子供がほしいとか
そういう考えがなければ、無理に結婚しなくていいと思う。


むしろ自由を奪われるリスクとして結婚を捉えるほうがいい。


世の中は結婚をさせようと必死に仕向けるからだ。


ちょっと油断していると、ついつい結婚したほうがいいのかなー?と思うように出来ている。


結婚という制度によってブライダル業界とか住宅業界とか国家とか、いろんな人が潤うからだ。


そのこと自体は悪いことではなくて、皆そうやって誰かの消費に支えられている。


問題は、自由を奪う制度を無自覚に使う必要はどこにもないということだ。


本人の意思で選択的に結婚するなら何の問題もない。


結婚する人生もスナフキンのような人生も同じく尊いのだと思う。

 

理想は、村上龍の本の副題か何かで見た「遠く離れてそばにいて」という状態じゃないかな。

すれ違いざまに舌打ちす人から思ったこと

その人を批判しているわけじゃない。

 

今日会社からの帰り道、僕が駅の階段を降りてるとき、幅が狭くて邪魔だったのか反対方向から来た人がすれ違いざまに舌打ちをした。

 

それはもう、前を塞ぐ形で歩いてきたイライラの原因である僕の耳に叩き込んでくるかのような絶妙なタイミングだった。

 

凄いいいタイミングだな、職人のようだ、と感心するのと同時に、何も立ち塞がってるわけでもなし狭い階段なんだし、嫌なことをするなよなぁと悲しい気持ちになった。

 

よく見てなかったけどその人は小奇麗な服装のおばさんだったように思う。

 

舌打ちなんてしなさそうな人なのに人は見かけによらないものだなと思った。

 

その人は僕が邪魔だったのだろうから、おそらく僕にその場所を歩いてほしくなかったのだろう。

 

でも駅の階段は公共の場所なんだから誰でも営業時間内で変な歩き方でなければいつでも歩いていいはずだ。

 

だから彼女の考えは甘えだということになる。

 

それで思ったのは、舌打ちをされて気分が悪くなるということは、僕も他人に変な期待していて、おばさんと同じように他人に甘えてるなということだった。

 

僕が他人との付き合い方が上手いなーと思うphaさんは、自分と他人は違う動物くらいに違う生き物だと思ってると言っていた。

 

僕はさすがにそこまで思えずに、違う人間だからなー、くらいに思っているけど、phaさんくらいの心構えもいいなと思った。

 

他人に期待しないから対人関係は楽なはずだと思う。

 

そして、このスタンスは僕の好きなお釈迦様の考えと似ている考えでもある。

 

他人も社会も自分の都合の良いように動いてはくれないし変わってもくれない。もしそう思うならそれは傲慢というもの。というようなことをお釈迦様は言っている。

 

お釈迦様は、川が流れるように、自分の都合とは関係なく勝手に他人は他人の都合で動くのだから、まぁ気にせずほっとくのがいいよ。とアドバイスしていて、気にせずほっとく方法を瞑想とかの形で色々残してくれている。

 

改めてお釈迦様はミニマリストだなぁと思うのと同時に僕はまだまだ未熟で、だから生きるのが苦しくてめんどくさいのかなぁと思った次第だ。

 

最近特に家族の病気が見つかったりして、もう人生が苦しくてキツくてしょうがない。

 

でも、そもそも自分の都合の良いように人生が運ぶわけないのだから、まぁ自分の人生終了までは他人に期待せず楽に生きたほうがいいと思った。

 

あと、自分の人生にもさほど期待しないようにしようと思う。

 

そうすれば他人と自分両方に期待しないことになって、全てのことを川の流れのように感じるようになれるのではないだろうか。

 

苦しくなくて楽な人生にしてくれって感じだ。

 

 

テレビの視聴率低下は国民にとっては朗報

フジテレビの中村仁美アナウンサーが人事異動を理由に退職するかもしれないというニュースを見た。


最終的に退職するかどうかは分からないけど、ニュースになってるんだから人事異動の内示が出たのは間違いないのだろう。


ここにも日本のマスコミの迷走ぶりが見れる。


異動先は営業なのだそうだけど、そりゃ辞めるだろうと思う。


アナウンサーは専門職であり、専門性を発揮することとそれを高めることが仕事であるのだから、いきなり営業という別の専門職に異動ということは、今までのアナウンサーとしても仕事を否定されたということだ。


つまり会社の都合で新卒に戻ったつもりで頑張れといわれているようなものだ。


そんな会社の都合なんて知らんわと、今まで培った専門性を武器にフリーでやっていくというのは正しい考えだと思う。


もちろん会社も彼女がそう考えることを想定済みだろうから、事実上の解雇なのだろう。


つまり会社は若手でなく母親である彼女よりも、ピチピチの若いアナウンサーのほうが安いし使いやすいしこっちを残そうと考えたということだ。


たとえアナウンスという能力が低くても。


会社はこんな卑怯な形で解雇をするなら、彼女を真っ当に会社都合で解雇しろと思う。


まったく馬鹿げた対応だし、この時代にまだそんなことしてるのかという感じだ。


フジテレビは社長が変わったらしいけど、そういう昭和体質は何も変わっていない。


アナウンサーは別にピチピチの若い美人でなくてもいい。


視聴者はそんなこと望んでいない。


テレビ局は視聴率を取れなくてスポンサーが集まらず収益が悪化すると心配しているのだろう。


でもむしろ本格派のアナウンサーだけで番組を構成したほうが視聴率を取れるのではないだろうか。


テレビ局の人間は、そんな硬派なことしてもバカな国民には受け入れられないと思うのだろう。


つまり国民はテレビ局にバカにされているのだ。


テレビ局は視聴率至上主義だというが、僕はそれで良いと思う。


だったら視聴率が良くないことを番組の質以外に求めてはいけない。


なぜかというと、本当に良い番組は視聴率を取っているからだ。


視聴率とアナウンサーの年齢に相関関係があるとは思えない。


視聴率は番組作りで決まるのではないのか?


だから視聴率が良くないということは、番組の出来が良くなかったということを表している。


若者のテレビ離れとか言って責任転嫁しているしょうもない番組とテレビ局はどんどん視聴率が下がって倒産の危機を迎えるべきだ。


テレビの視聴率の低迷がたびたびニュースになるけど、それはテレビ業界人にとって悪いニュースなだけであって、一般の国民が嘆くことではない。

 

むしろメディアの多様化が進んでいることを表しているのだから健全なことであり一般の国民にとっては良いことだ。

最高裁は労働基準法を守った

病院と勤務医との間で、残業代未払いの有無を争う裁判があったらしい。

 

年俸は1700万円で、医師側は時間外労働分の賃金が含まれていないから残業代が未払いだと主張していて、病院側は残業代を含むと主張していたそうだ。

 

で、1審2審は病院側を支持した。

 

医師という職業は、労働と研究を時間の隔てなくやっていて時間の裁量ができるため、通常の勤務時間と残業の区別ができないから、というのがその理由だった。

 

区別できない以上はあらかじめお金を上乗せして払っておけば問題ないというものだ。

 

これを最高裁は、労働基準法の原則に立ち返り、通常の勤務時間と残業を区別しなさいという判決を出した。

 

残業代を計算させるために2審に差し戻したらしい。

 

素晴らしい判決だと思うし、1、2審の判決と真逆の結果となったことに恐ろしさも感じる。

 

この医師の残業代未払いを認める1、2審の判決が何故ダメなのか。

 

まず、実際には医師に勤務時間の裁量権はないからだ。

 

 これは他の職種の管理職も同じだけど、実際に勤務時間の裁量がないのに残業を認めないのはおかしい。

 

そもそも病院スタッフは皆シフト制だろう。

 

それなのに医師に勤務時間の裁量権なんて無いに決まってる。

 

あらかじめ決められた時間に通常の勤務をして、論文は平日夜とか休日に自宅で書いているはずだ。

 

これは他の研究職の人にも当てはまると思う。

 

決められた勤務時間以外に病院で通常の仕事をさせたなら残業代を払うべきだ。

 

2つ目の理由としては、時間外労働を認めないとなると、経営者は労働者を定額でいくらでも働かせることができるからだ。

 

いくら高額の年俸だといっても、1700万円だ。

 

これが1億2億とかなら数年我慢してリタイアしようという作戦もありだけど、1700万ではリタイアするほどの貯蓄にはならないだろう。

 

定額使い放題は許してはならない。

 

その先には必ず過労死が待っているからだ。

 

3つ目の理由として、現在似たような研究職っぽい仕事全てに医師の残業代未払い制度が準用されていると思われるからだ。

 

よく、残業代が出ない言い訳として「お医者さんもそうだから」というのが出てくる。

 

実際には研究職とは程遠い私の面接時でも言われたくらいだ。

 

友人は財務部だが似たようなことを言われたらしい。

 

医者と一緒にすんなやボケっ!と思ったが受け入れざるを得なかった。

 

だから今回の最高裁の判決は素晴らしい。

 

医師の労働環境だけに留まらず、他の全ての労働環境に良い影響があると思う。

電通の直属上司が不起訴になった

新入社員を過労死させた電通の上司が不起訴処分になったらしい。


ここが日本の労働環境を変えるチャンスなのに検察官はなんという決断をしたものだと怒りを覚える。


電通への捜査が安部政権の国策捜査だとしたら、ここらへんが安部政権の限界ということだろうか。


当然のことだが企業を起訴して有罪にしても労働環境改善において何の意味もない。

 

会社員なら誰でも分かる。

 

新入社員を殺したのは仕事を振っていた直属の上司に決まっているだろう。

 

なのだから、この人物個人に罰則を与えて償わせなければ、今後の犯罪抑止には効果がない。


建築設計の世界では違法なことをやった場合に、会社と建築士個人両方にに罰則が下されるように法改正がなされた。


これにより建築士の名義貸しを要求された場合にそれを拒否することができるようになった。


自分の知らないところで悪質な設計がされていた場合に責任が自分にくるので嫌ですと言える環境ができたのだ。


これは良い法改正だったと思う。


同じように労働基準法も個人の責任をきちんと追及しないと、パワハラする上司は後を絶たないだろう。


ご遺族が建築審査会に審査を申し立てて検察官の判断が覆ることを願うのみだ。


きっとこの案件は日本中の労働者と経営者が注目している。

売り言葉を買うのは弱っている証拠

都議選が終わった。

都民ファースト大勝、自民大敗という結果だった。

私は都民なのでとりあえず投票したのだけど、雰囲気的には予想通りの結果だった。

僕は、安部総理が労働問題に切り込みつつあるのでその点は支持していたのだけど、おそらくは国民へのリップサービス的な要素も大きいだろうなと思っていた。

たしかに電通書類送検など、評価できるのだけど、本丸は私の勤務先で横行しているような中小零細企業サービス残業だ。


しっかり法律で規制して犯した場合は罰則を科す国はたくさんある。

 

しかも日本より生産性が高いという。

 

日本はどんだけアホなのか。

 

ドイツなどでは上司が個人的に数百万円の罰金になることもあるらしい。

 

早く日本でも導入してほしい。


そのサービス残業問題に切り込まない段階では、本当の評価はできない。

それから、この労働問題への取り組みも内閣支持率が高いときに行われたもので、支持率が下がってからどうなるかは分からない。

支持率がある程度下がった段階で行われた今回の選挙は大きい意味を持っていた。

本気で国民の労働問題を何とかしようと思っているなら支持率が下がったところで、大きな方向転換は無いだろうと予想できる。

だから安部総理には支持率が下がっても冷静でいてほしかった。

労働問題への取り組みで大きな方向に間違いはないのだから、自信を持って政策をアピールしてほしかった。

だから秋葉原の演説での失態は、若干心配になった。

「こんな人たち~」と言った安部総理は、かなり精神的に追い詰められていて余裕が無くなっているのだと思う。

「やめろコール」なんかされても別に実質的に何かを毀損されることはないのだから、堂々としているべきだった。

若い頃に大きい暴走族の総長だった俳優の宇梶剛士さんが
「弱いやつがすぐに喧嘩する、キャンキャンほえる、まるで怯える子犬のように。本当に強いやつは喧嘩しない。」
といつだか言っていた。

売り言葉を買うのは弱っている証拠なのだ。

労働問題の行方が気になる。